危険な高血圧の合併症を徹底解説

目次

 1. 高血圧の合併症とは?
 2. 高血圧の合併症が起こる仕組み
 3. 脳に起きる高血圧の合併症
 4. 心臓に起きる高血圧の合併症
 5. 腎臓に起きる高血圧の合併症
 6. その他の高血圧の合併症


あなたは塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)です。日本人に高血圧が多い原因の一つです。※ちなみに世界の平均は、1日5g!1日の塩分を6g以内に抑えた食事をお届けするサービスです。
食宅便の画像 食宅便(620円) 2位の画像 彩ダイニング(599円) 3位の画像 ウェルネス(695円)

1. 高血圧の合併症とは?

血圧が高い状態が続くと血管にダメージを与え、脳・心臓・腎臓などの様々な病気を引き起こします。これが高血圧の合併症です。いずれも血管が詰まったり破れたりするため生命の危険を伴います。主な高血圧の合併症は、脳梗塞、心筋梗塞、くも膜下出血、狭心症など心臓や脳に起きる危険なものばかり。さらに糖尿病や腎不全など様々な合併症を発症します。まずは高血圧の合併症の種類を以下にまとめました。

心臓 腎臓 その他
脳出血 心肥大 腎硬化症 大動脈瘤
くも膜下出血 狭心症 腎不全 脂質異常症
脳梗塞 心筋梗塞 慢性腎不全 糖尿病

2. 高血圧の合併症が起こる仕組み

高血圧と診断されれば合併症のリスクを回避するために降圧剤が使われます。血圧が高い状態が長く続くと生命を脅かす合併症を発症する確率が高くなるので、降圧剤によって血圧をコントロールすることが優先されます。

薬で血圧を下げ、患者は生活習慣を改善して高血圧を治す2本立て治療が基本です。しかし、血圧が高くなると何故?合併症が起きるのでしょうか?多くの場合、血管に起きる動脈硬化と連動しています。

動脈硬化は老化が進むと誰にでも起きる現象の一つですが高血圧になると拍車がかかります。また動脈硬化も高血圧を悪化させる要因となります。

そして動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞や腎不全など生命の危険をともなう合併症を引き起こします。動脈硬化は血管をボロボロにするため少しの圧力で破れやすくなるわけです。急激な血圧変動がその引き金となり、血管が破れれば、くも膜下出血や脳卒中を起こすという訳です。

さらに動脈硬化は血管を狭くする狭心症を引き起こします。これは狭くなった血管に血栓が詰まる現象です。血管が詰まると、そこから先の細胞へ血液が届かないために細胞が壊死してしまいます。

このようなメカニズムによって高血圧の合併症は起こります。ですから動脈硬化を促進させる脂質異常症に対する注意が必要になります。脂質異常症とは、血液中に中性脂肪やコレステロールが異常に増えた状態です。

原因の多くは、高カロリーの食事や運動不足など乱れた生活習慣です。コレステロールや中性脂肪が多い場合は生活習慣の改善が必要です。では具体的に高血圧の合併症について詳しく解説します。

3. 脳に起きる高血圧の合併症

脳に起きる高血圧の合併症は「脳卒中」です。脳卒中とは、動脈硬化が進み、脳の血管がダメージを受けることで血管に血栓が詰まったり、血管が破れたりして、脳の神経細胞に障害があらわれる病気で、原因や症状により4つに分類されます。

4. 心臓に起きる高血圧の合併症

心臓に起きる高血圧の合併症は心肥大・狭心症・心筋梗塞です。血液の流れが悪くなることで、心臓に負担をかけ続けて起こる心肥大や血管が細くなって血流が悪化して起きる狭心症・心筋梗塞など心臓に起きる高血圧の合併症は、どれも生命を脅かす危険な病気です。

5. 腎臓に起きる高血圧の合併症

腎臓は血液を濾過し必要なものと不必要なものを選別しています。過剰に摂取した塩分や水分、体内にできた老廃物や毒素など体に必要ないものは、尿として体外へ排出してくれます。また血液中の塩分量や水分量を調整して血圧を調整する役目もあります。ですから、腎臓と血圧は密接な関係にあります。

6. その他の高血圧の合併症

脳をはじめ心臓や腎臓など代表的な合併症を解説しましたが高血圧の合併症は、血管や血液に関連する病気がたくさんあります。どれも高血圧と密接なかかわりがあり、とても危険な病気です。

 
 おすすめ記事一覧

食事で血圧を下げた体験レポ!

プログラム通りに食事をするだけで、血圧が下がるレシピが満載。食事療法の専門家が、作った食事だけで高血圧を改善する方法です。いきなり食生活を改善しても血圧は下がらない理由とは?

【おすすめ度】★★★★★


超便利!高血圧の宅配食サービス

自宅でカロリー制限や塩分制限を徹底するのは大変。そんな時に助けてくれるのが、高血圧の宅配食サービスです。冷凍保存なのでチンするだけで好きな時に食べられるので、いざという時に!

【おすすめ度】★★★★☆


水溶性ケイ素で血圧が下がった!

水溶性ケイ素で血圧が下がり降圧剤を辞められたという口コミ情報が多数。そんな奇跡のミネラル【ケイ素】の効果と飲み方を紹介します。生活習慣病だけじゃなく美容や健康にもグッド!

【おすすめ度】★★★★☆


年齢別の血圧正常値とは!

血圧の正常値は年齢別や性別で基準値が定められています。小児(幼児~10代)、成人男性(20代~30代)、中壮年者(40代~60代)、前期高齢者(65歳~74歳)、女性(更年期と妊娠中)を一覧に!

【おすすめ度】★★★☆☆


アディポネクチンと高血圧

長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの分泌を増やせば高血圧を改善・予防できる。さらにアディポネクチンは傷ついた血管を修復する作用が!岡部先生のDSアディポが人気急上昇!

【おすすめ度】★★★☆☆


高血圧になりやすい人の傾向

現在、日本の高血圧人口は約4,300万人(男性2,300万人、女性2,000万人)!人口の高齢化に伴い更に増加すると推測される高血圧なりやすい人の傾向と対策についてまとめました。

【おすすめ度】★★★★★





ページの先頭へ