まだまだある高血圧の合併症とは?

大動脈瘤・脂質異常症・糖尿病

脳をはじめ心臓や腎臓など代表的な合併症を解説しましたが

高血圧の合併症は、血管や血液に関連する病気がたくさんあります。

どれも高血圧と密接なかかわりがあり、とても危険な病気です。

大動脈瘤 全身に血液を送る大きな血管を大動脈といいます。この大動脈に動脈硬化が起きると血管の壁が弱くなり、そこに高い圧力がかかることで瘤のように大きく膨らんだ状態を大動脈瘤といいます。ほとんど無症状ですが、破裂すると激しい痛みをともない急激なショック状態になったり死亡する危険性もある病気です。
解離性大動脈瘤 動脈の壁は、内膜・中膜・外膜でできています。動脈硬化により中膜が弱くなり、血液が侵入して裂けてしまうのが「解離性大動脈瘤」です。高血圧が引き金になり起きる可能性が高く突然の激痛に襲われます。起きる場所によっては致命傷になる可能性がある怖い病気です。
動脈硬化性
抹消動脈閉塞症
手足の主要動脈が動脈硬化で塞がれ血液が抹消に流れなくなる循環障害を「動脈硬化性抹消動脈閉塞症」といいます。膝から下に起きるケースが多く、足の痛み、冷感、患部の皮膚が紫色になったりします。
脂質異常症
(高脂血症)
血液中の脂質(中性脂肪やコレステロール)が異常に多くなった状態を「脂質異常症」と言います。脂質異常症は動脈硬化の原因となります。中性脂肪やコレステロールは体に必要な脂肪酸ですが、摂り過ぎると動脈硬化をはじめ、肥満やメタボリックシンドロームの原因になります。
糖尿病 通常、血液中にあるブドウ糖はエネルギーとして使われます。ブドウ糖をエネルギーに変えるホルモン【インスリン】の働きが悪くなると血液中に糖が増えて血糖値が上がってしまうのが糖尿病です。血液の中で過剰になったブドウ糖が様々な弊害を引き起こします。高血圧を悪化させるばかりでなく腎障害や目の病気を引き起こします。

このように高血圧の合併症には、血管や血液と関連する病気が多く

高血圧もさらに悪化させ悪循環になってしまいます。

薬物治療も大切ですが、合併症を起こす原因となる生活習慣の改善を

はじめ、運動不足の解消、メタボや肥満の解消などが必要です。



高血圧の基礎知識の記事一覧

高血圧は原因別の分類や血圧の変動パターンによる種類や患者の年齢や性別によって症状が変わります。もちろん治療法や注意点も変わるので、最低限の知識を覚える必要があります。

注目


 血圧が高くなる仕組み
 どうして血圧が高くなるのか?その仕組みと高血圧の基準について解説。
 カテゴリ - 高血圧とは?


 血圧の計り方
 家庭用血圧計を使った正しい血圧の計り方と注意点!血圧値の記録方法など
 カテゴリ - 高血圧とは?


 正常な血圧と判断基準
 血圧の正常値と高血圧の診断基準もしくは、年齢別の降圧目標について
 カテゴリ - 高血圧とは?


 本態性高血圧とは?
 遺伝や生活習慣など複数の原因が重なって発症する本態性高血圧について解説。
 カテゴリ - 高血圧とは?


 二次性高血圧とは?
 他の病気や疾患が原因になって血圧が高くなる二次性高血圧について解説。
 カテゴリ - 高血圧とは?


 白衣高血圧と仮面高血圧
 病院で血圧を計ると高くなる白衣高血圧とまったく逆の仮面高血圧について解説。
 カテゴリ - 高血圧とは?


 早朝高血圧と夜間高血圧
 起床後に血圧が急上昇する早朝高血圧と夜に高くなる夜間高血圧について解説。
 カテゴリ - 高血圧とは?


 女性や子供の高血圧
 女性が高血圧になる場合は、妊娠中や更年期に多く発症します。その原因は・・
 カテゴリ - 高血圧とは?


 高齢者の高血圧
 高齢者になると高血圧の発症率が上がります。また治療には幾つかの注意点が・・
 カテゴリ - 高血圧とは?


高血圧は食生活の改善が必要ですが、やり方が良く分らない方や現在の食事法に不安がある方のために、高血圧治療の専門家が作った食事療法を紹介しています。プログラム通りに実践するだけで簡単に高血圧を改善できます。

藤城博 荒木裕

 


このページの先頭へ