大腸がん検査おすすめ病院を紹介

大腸がん検査とは

大腸がん検査の写真

■大腸がんをはじめとする大腸の病気を発見できる

大腸がん検査は、大腸の健康状態を調べることで、大腸がんをはじめ、潰瘍やポリープといった他の大腸の病気の有無も調べることができます。がんの中でも、現在日本人の女性のがん死亡率第1位となっているのが大腸がんです。

初期症状が一切に見られない大腸がんは、気づかないうちに悪化してしまうので、発症率が急激に高くなってくる35歳頃になれば、早めに大腸がん検査を受診しておいた方がいいでしょう。特に、日頃から野菜不足で脂肪分が多い肉ばかり食べている方や、親族に大腸がん発症者がいれば、必ず検査を受診しておくことをおすすめします。

■大腸がんの検査方法の種類

代表的な大腸がんの検査方法として、便潜血検査・大腸内視鏡検査・大腸バリウム検査があります。一般的な大腸がん検査の流れとして、まず便潜血検査を行います。便潜血検査は、便に血液が混じっていないかどうかを調べます。もし、この検査で陽性が出た場合は、さらに精密な検査である大腸内視鏡検査や大腸バリウム検査を行います。

先端に小型カメラが付いた内視鏡を肛門から挿入し、大腸全体を調べます。大腸がんの他に、大腸の炎症やポリープなどを調べることができます。そして、大腸バリウム検査は、肛門からバリウムを注入し、大腸の中をX線撮影することで大腸がんを調べます。これら以外にも、直腸診・超音波検査・CT検査・MRI検査・PET検査といった検査方法が行われることがあります。

■大腸がん検査のメリット・デメリット

便潜血検査は、簡単で検査にかかる費用が安い上に、痛みを伴うこともありませんが、血液が検出されない場合があり、確実ながんの検査を行うことができません。大腸内視鏡検査は、大腸全体を調べることができるので、小さながんも見つけることができます。しかも、その場でがんの切除も行えるのです。

しかし、内視鏡で大腸の中を傷つけてしまったり、大腸に穴があいてしまう危険性もあります。その点、大腸バリウム検査は、大腸の中を傷つけたり、大腸に穴があく危険性が低いのが特徴です。ただし、健康に悪影響を及ぼすほどではないものの、X線撮影による放射線被爆があります。これらの各検査のメリット・デメリットを把握した上で、医師と相談しながら自分に合った検査を受診しましょう。

★大腸がん検査おすすめ病院はコチラ ⇒ |大腸の検査



人間ドックの用語解説

人間ドック 人間ドックは、定期的に健康状態を確認し、異常を早期発見することが目的の検査です。総合的にチェックしたい方にオススメ!
PET検査 PET検査は、CTやMRIなどで発見できない小さなガンを一度に全身くまなくをチェックできる最先端のがん検査です。
脳ドック検査 脳ドックは、CTとMRIを遣い脳梗塞、脳出血、脳卒中など脳の病気になる危険性をチェックできる脳専用の検査です。
大腸がん検査 大腸がん検査は、大腸がん、潰瘍、ポリープなどを便潜血検査、内視鏡検査、大腸3D-CT検査でチェックします。
大腸3D-CT検査 CTで撮影した大腸の画像をコンピューター処理で3D化することで立体的に大腸内を観察することができる検査です。
肺がん検査 肺がん検査は、肺のX線検査の他に痰を採取して細胞を検査する方法や肺のCT撮影などが行われる検査です。
心臓ドック検査 心臓ドックには、負荷心電図、ホルター心電図、心エコー検査、冠動脈CT・MRIなどの検査です。
胃がん検査 胃がん検査には、内視鏡検査、バリウムによる胃X線検査があります。またピロリ菌検査も追加できます。
レディースドック 人間ドックに乳がん・子宮頸がん・子宮内膜症といった女性特有の病気の検査を追加したものです。
婦人科検診 乳がん検診や子宮がん検診といった女性特有の病気を検査するのが婦人科検診です。

病院検索ナビ

東京都の病院
港区中央区新宿区渋谷区中野区文京区豊島区杉並区品川区板橋区目黒区荒川区北区葛飾区足立区台東区墨田区江戸川区千代田区世田谷区大田区八王子市立川市

千葉県の病院
千葉市柏市船橋市

埼玉県の病院
所沢市春日部市

神奈川県の病院
横浜市

大阪府の病院
吹田市大阪市中央区

宮城県の病院
仙台市


  

このページの先頭へ