動脈硬化など高血圧の原因を改善する方法

動脈硬化とは?

動脈硬化は、血管の内側にコレステロールや中性脂肪が附着することで

動脈が柔軟性や弾力性を失って硬くなってしまう状態です。

一般的には老化によって起こる現象ですが、

それに加え、高カロリーで高脂質・高糖質の食生活や

喫煙・ストレス・運動不足など複数の原因が重なって発症します。

動脈硬化は合併症を引き起こす

健康な状態なら動脈には弾力性があり、血液が勢い良く流れています。

しかし、動脈硬化になるとひび割れた古いホースのように

血管が硬くボロボロになってしまいます。

血圧が高い人は、動脈に強い負荷がかかるので危険な状態に陥ります。

傷ついた動脈に「糖質」や「脂質」が増えたドロドロ血液が流れると、

動脈の血管壁にプラーク(脂肪のかたまり)ができて血管を

細くするので益々血液が流れにくくなって高血圧を悪化させます。

さらにプラークが大きくなると血栓が詰まったり破裂したり

様々な合併症を引き起こす原因となります。

ですから高血圧の根本治療には、動脈硬化を改善することを

念頭に様々な方法を行う必要があるのです。

心臓 腎臓 その他
脳出血 心肥大 腎硬化症 大動脈瘤
くも膜下出血 狭心症 腎不全 脂質異常症
脳梗塞 心筋梗塞 慢性腎不全 糖尿病

高血圧の合併症は、コチラで詳しく解説しています。


ヘルケアの画像
スポンサーリンク

スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)ちなみに世界の平均は、1日5g。全メニュー塩分2g以内で美味しく調理された宅配弁当で充実した減塩生活を!

1日30品目食べていますか?
食べ過ぎや偏食が高血圧の原因。体の機能を正常に保つには、必須脂肪酸・必須ミネラル・必須アミノ酸・ビタミン・炭水化物の五大栄養が必要不可欠。一粒で59種類の栄養素を摂れるサプリの活用法!




ページの先頭へ