しなやかで柔軟性のある丈夫な血管を作る方法

目次

1.丈夫な血管にするメリット!
2.血管を強くするために!
3.動脈硬化の悪化を止める!
4.血管の細胞にパワーを与える!
5.新しい血管を痛めない!
6.動脈効果の原因をすべて排除する。
7.血管を作る栄養素:良質のタンパク質を摂る
8.アディポネクチンの分泌を増やす


あなたは塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)です。日本人に高血圧が多い原因の一つです。※ちなみに世界の平均は、1日5g!1日の塩分を6g以内に抑えた食事をお届けするサービスです。
食宅便の画像 食宅便(620円) 2位の画像 彩ダイニング(599円) 3位の画像 ウェルネス(695円)

丈夫な血管にするメリット!

 ★柔軟性は、血液の流れを良くして血圧を下げる
 ★柔軟性は、強い圧力がかかっても血管が破れない

高血圧の場合や血圧が高めの方は、血圧を下げることばかり気にしますが、

柔軟性のある丈夫で強い血管を意識した食生活を心がける必要があります。

血管年齢という言葉をよく聞くと思いますが、若くて健康な人の血管は、

柔軟性があり多少血圧が高くなっても、破れることがありません。

しかし、老化現象により動脈硬化が進むため、加齢とともに血管

は柔軟性を失いボロボロになった古いホースのようになるため

心臓や脳の血管事故を起こす引き金になるのです。

しなやかで柔軟性のある血管を維持することは、血管を丈夫に強くします。

血管の柔軟性があれば、血液の流れを良くし血圧を下げるメリットと共に

圧力がかかっても血管が破れない2つのメリットがあるというわけです。

血管のイメージ画像


血管を強くするために!

血管を強くする方法は、以下の3ステップが基本ですが、仕組みを理解せずに行っても期待する効果が得られません。しっかりとメカニズムを理解した上で実践することをお勧めします。


動脈硬化の悪化を止める!

肌や髪の細胞は一定のサイクルで入れ替わっています。これをターンオーバー(新陳代謝)と言いますが、血管の細胞も同じように一定のサイクルで新陳代謝を行っています。 傷ついた血管を強くするには、血管の新陳代謝によって古い細胞を新しい細胞に入れ替えることです。

新しい細胞に入れ替わると新しい血管に生まれ変わるのですが、この時に動脈硬化を引き起こす原因を排除しておかなければ、 細胞の入れ替えスピードよりも動脈硬化の悪化が継続した状態ですので、いつまで経っても新しい血管に生まれ変わることが出来ません。 動脈硬化の進行を止める!これが強い血管を作る第一ステップです。


血管の細胞にパワーを与える!

動脈硬化の原因を排除したら、次は新陳代謝を促すために血管の細胞へパワーを与えます。血管の細胞を作るために欠かせない栄養素は「タンパク質」です。 そして血管の弾力性を作るのは、細胞同士を 結び付けている「コラーゲン」です。そしてコラーゲンを作るために必要な栄養素が「珪素」です。

この3つの栄養素(タンパク質・コラーゲン・珪素)を積極的に摂ることで、新しい細胞を作るチカラが高まります。新しい細胞に入れ替える時、古い細胞は体外へ排出しますが、 同時に動脈硬化で傷ついた細胞も排出してくれるので動脈硬化も改善されます。


新しい血管を痛めない!

新しい血管に生まれ変わったら、二度と動脈硬化を起こさないようにします。またストレスや喫煙による血管へのダメージを防ぎ新しい血管を保護します。この間も細胞の新陳代謝は行われ、常にフレッシュな血管を維持できるようになります。 以上が「血管を強くする」3ステップの理論です。では早速、実践編を紹介しましょう。

 スポンサーリンク

強くて丈夫な血管を作る方法の実践編

弾力性のある強い血管にするための理論編では、考え方を3ステップに分けて解説しましたが、実践においては3ステップを同時に実践する必要があります。ここに注意して今すぐ出来る事から実践を開始してください。ちなにみ期間については、生涯継続することが健康を維持する最も賢い考え方です。


動脈効果の原因をすべて排除する

 ■血液中の中性脂肪減らす!
 ■血液中のLDLコレステロールを選らす!
 ■血液中の糖質を減らす!
 ■体内の活性酸素を除去する!

以上の4項目が動脈硬化を防ぐ近道です。食事の改善が必須項目ですが、私がお勧めしているのは、話題となっている珪素濃縮溶液を活用する方法です。

詳しくはコチラ 古来より難病治療に使われた貴重な水晶エキスです。水晶とは必須栄養素の珪素の結晶で、特殊製法で溶解したのが珪素濃縮溶液です。 血管壁に附着したコレステロールや中性脂肪を分解排出し、体内の活性酸素を除去します。さらに血管の細胞を強くする作用があります。

最も効果的なの方法は、珪素濃縮液を水やコーヒーお茶などに10滴ほど入れ毎日飲み続けます。すると毛細血管を修復し、血液の循環を改善し、細胞の隅々に血液がめぐるようになります。細胞の新陳代謝に必要な酸素、栄養、ホルモンが全身に届くようになるメリットが!すると臓器や器官が正常に働きだし、本来持っている免疫力で高自然治癒を促すというメカニズムです。


血管を作る栄養素:良質のタンパク質を摂る

次は血管の細胞を作るために必要な栄養素「タンパク質」を摂取する方法です。タンパク質は、乳製品や大豆製品、牛・豚・鳥など食用の肉や魚介類に多く含まれています。血管を作る細胞の材料となるので、良質のタンパク質を食事で摂るようにします。

動物性の脂肪は避ける人が多いようですが「脂肪を含まない赤身」は、良質のタンパク質です。誤解している人が多いのですが、カロリーなど気にせず積極的に食べても太る心配は無用です。逆に食べてはいけないのが炭水化物などの糖質です。中性脂肪を高くする原因であると同時に体内を酸化させる原因となります。


アディポネクチンの分泌を増やす

奇跡のホルモンとか長寿ホルモンと呼ばれているのがアディポネクチンというホルモンです。このアディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されているホルモンで糖尿病や高血圧を予防したり、傷ついた血管を修復する作用が認められており、世界中が注目しています。

アディポネクチンの分泌には、個人差があり長寿のご老人や生活習慣病にならない人を調べると共通して分泌量が多いことが分かっています。つまり分泌量が多い人は、血管の状態が良い為に全身に血液が巡っていると考えられています。

アディポネクチンを増やすには、テレビでおなじみの岡部先生監修のアディポネクチンサプリ【DSアディポ】が人気です。興味のある方は、公式ページをご覧ください。

DSアディポ画像

DSアディポの公式ページはコチラ


ヘルケアの画像
スポンサーリンク

スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)ちなみに世界の平均は、1日5g。全メニュー塩分2g以内で美味しく調理された宅配弁当で充実した減塩生活を!

1日30品目食べていますか?
食べ過ぎや偏食が高血圧の原因。体の機能を正常に保つには、必須脂肪酸・必須ミネラル・必須アミノ酸・ビタミン・炭水化物の五大栄養が必要不可欠。一粒で59種類の栄養素を摂れるサプリの活用法!




ページの先頭へ