水溶性ケイ素の画像

水溶性ケイ素(珪素)で血圧を下げる方法

水溶性ケイ素の飲み始めたら、たった3ヶ月で血圧が下がった!短期間で降圧剤を辞められた!血液検査の結果が良くなった!など高血圧の改善に成功した事例が多数報告されています。事例を基に水溶性ケイ素で血圧を下げる方法や血圧が下がる理由やメカニズムを分析してみました。これから挑戦する方は参考にしてください。

目次 -Contents-

 1. 水溶性ケイ素とは?
 2. 水溶性ケイ素で高血圧を改善した事例
 3. 水溶性ケイ素で血圧が下がるメカニズム
 4. おすすめの水溶性ケイ素濃縮液
 5. 水溶性ケイ素が解る書籍


あなたは塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)です。日本人に高血圧が多い原因の一つです。※ちなみに世界の平均は、1日5g!1日の塩分を6g以内に抑えた食事をお届けするサービスです。
食宅便の画像 食宅便(620円) 2位の画像 彩ダイニング(599円) 3位の画像 ウェルネス(695円)

1. 水溶性ケイ素とは?

日本でも人気が高まってきましたが海外では既に健康商品の上位を独占しているのが水溶性ケイ素です。ケイ素とは元素記号(Si)、英語名(Silicon)で微量ミネラルの一つです。コラーゲンのミネラルとも言われ、体のコラーゲンがある部分に存在している成分です。

水溶性ケイ素は4000年前より中国で難病治療の秘薬として使われた貴重なエキスです。現在では健康や医療の分野で注目され医師による『日本珪素医科学学会』や『日本珪素医療研究会』が発足し様々な活用方法が研究されています。

また水溶性ケイ素が販売されるようになり日本珪素医学学会には、愛用者からの体験談や成功秘話が多数送られるようになりました。その報告では驚くべき内容ばかりで、生活習慣病をはじめとする現代医学で治せない病気を克服したものばかりです。

その事例は『難病を克服する珪素の力」で詳しく紹介されています。特に感動したのは著者の一人である工学博士の寺沢充夫さんの体験談です。前立腺ガンで移転が進み手術も出来ない状況から、ホルモン療法と水溶性ケイ素でガンを克服した話には驚きを隠せませんでした。また3ヶ月で血圧が下がったり短期間で降圧剤を辞めるなど驚きの連続です。

2. 水溶性ケイ素で高血圧を改善した事例

これだけ医学が進歩しているのに現代医療で撲滅できない病気がたくさんあります。年々患者数が増え続けるガン・高血圧・糖尿病・脳卒中・心筋梗塞なども撲滅できない病気ですが、原因不明の皮膚病や鬱病など精神疾患もその一つではないでしょうか?

このような難病から水溶性ケイ素を使って奇跡的に回復した話は無数にあるのですが、私が興味を持ったのは高血圧と糖尿病を克服した話です。「難病を克服する珪素の力」や「再生医療を変革する珪素の力」で紹介されている事例を一部抜粋してご紹介したいと思います。

降圧剤が必要ないほど血圧が安定!

180以上の高血圧で降圧剤を服用し130以内に血圧をコントロールしていた患者さんが、水溶性ケイ素を併用し始めて3ヶ月後に120前後で血圧が安定。降圧剤を少しずつ減らしながら水溶性ケイ素を続けた結果、3ヵ月後に薬を辞めても正常値で安定している。

高血圧と血糖値が下がった!

高血圧と糖尿病を併発している患者さんの例では、血管障害の合併症が怖くて血管を強くするために水溶性ケイ素を飲み始めました。まさか血糖値が下がるなんて思ってなかったが、5ヶ月経った血液検査でヘモグロビンA1Cが、9.7から6.1まで下がった!その後、少しずつ血圧も下がり始め、薬の量を減らすことができた。

血液検査の異常値が正常になった!

降圧剤と同時に中性脂肪とコレステロールを下げる薬を服用していた患者さんが水溶性ケイ素を飲み始めた。毎月、主治医の健診を受けているが血液検査の数値が下がりLDLと中性脂肪を下げる薬を辞めるまで改善した。まだ降圧剤は飲んでいるが以前ほど血圧が上がることは無くなった。

インスリン注射をやめた!

1日に4回インスリン注射をする糖尿病患者さんが、水溶性ケイ素を始めて3ヵ月後から血糖値が下がり始めた。主治医から低血糖を起こすという理由でインスリンの量を調整。さらに3ヵ月後にはインスリン注射が必要ないほど回復。糖尿病を根本的に克服することに成功した。

ご紹介した話は、ほんの一部でしかありませんが、なぜ水溶性ケイ素を飲むと血圧や血糖値や中性脂肪が下がるのだろう!という疑問が沸いてきました。そこで私は徹底的に調査と検証することを決めたのです。実際に毎日ケイ素を飲んで、その変化や感想もお伝えしたいと思います。

3. 水溶性ケイ素で血圧が下がるメカニズム

高血圧の原因は老化現象!

水溶性ケイ素の事を調べている内に面白い情報がいくつも見つかりました。まず最初に分かったのは、高血圧は老化現象の一つという事です。年齢と性別における血圧の正常値のページでもご紹介しましたが、70歳代の男性の80.8%、70歳代の女性の71.2%が高血圧になっています。

老化現象の原因は糖化だった!

老化の原因の1つに糖化という生体反応があります。これは糖とタンパク質が結びついて熱が加わった時に起きる現象で、食事で過剰摂取した糖質が血液中に余り、体の組織や細胞を構成するタンパク質にくっつき体温で温められ糖化が起きることが解っています。

糖化が血圧を高くする!

糖化するタンパク質とは『コラーゲン』です。コラーゲンというと肌のハリや髪の艶という美容のイメージが強いのですが、人間の弾力性が必要な部分すべてにコラーゲンは使われています。顔のコラーゲンが糖化すればシワになりますし、血管のコラーゲンが糖化すると動脈硬化を起こします。つまり全身のあらゆるところで老化現象が進み正常に機能しなくなると血液の循環が悪化するために血圧が高くなるという仕組みだったのです。

ケイ素が糖化を防ぎ修復する!

ケイ素はコラーゲンのミネラルと言われ、コラーゲンの生成とコラーゲンの細胞を束ねて強くするという働きをしています。体内の細胞が新陳代謝で生まれ変わる時にケイ素が働いてコラーゲンを生成します。つまり糖化して機能が低下した個所を修復しているのです。

動脈硬化の原因はケイ素不足!

厚生労働省が発表している資料には『動脈硬化の原因は血管細胞のケイ素不足』と書かれています。血管の細胞壁はケイ素で出来ているからです。体内のケイ素が充分であれば高血圧と最も関係性の深い動脈硬化を改善することもできのです。

水溶性ケイ素には血圧を下げる成分は入っていませんが、説明したように体を酸化から守り、機能を正常化させることで高血圧の原因である老化現象を解消すると考えられています。これが水溶性ケイ素が血圧を下げるメカニズムではないでしょうか?

4. おすすめの水溶性ケイ素濃縮液

現在、発売されている水溶性ケイ素の中で当サイトがおすすめしているのは、高濃度水溶性珪素濃縮液ハイパーウモ【Hyper Umo DK9】です。水溶性ケイ素の相場は、1本500ml入りで20,000円と若干高く感じますが、飲む量にもよりますが3ヶ月~6ヶ月使えるます。

高血圧の改善に成功した事例では、1日10mlの水溶性ケイ素を飲み物で薄めて飲んでいました。1日10mlの量は、美容や健康目的に飲む量より倍近く多いことになりますが、試してみる価値はあると思います。

ハイパーumoDK9の画像

高濃度水溶性珪素濃縮液はコチラ

5. 水溶性ケイ素が解る書籍

水溶性ケイ素をもっと詳しく知りたい方は、日本珪素医科学学会や日本珪素医療研究会における研究内容などもとに出版された書籍がおすすめです。これらの書籍は、現役の医師や医学博士が執筆しており様々な事例に基づきケイ素の解説がされていますので、とても参考になります。

水溶性ケイ素の書籍の画像

数ある書籍の中でも『難病を克服する珪素の力』と『再生医療を変革する珪素の力』をおすすめしたいと思います。これを読めば珪素って何だという疑問から、さまざまな化学者・研究者が語る珪素の可能性を知ることができます。ここでは目次を紹介したします。

難病を克服する珪素の力

難病を克服する珪素の力

珪素って何だ!さまざまな化学者・研究者が語る珪素の可能性を解説した書籍。これを読めば珪素パワーが解る!
難病を克服する珪素の力

第1章 あなたの健康を支える珪素とは?

・珪素はあなたの身体を変えていく
・大切なのは骨密度ではなく骨質
・珪素の強力な抗酸化力
・珪素があなたを健康に変えていく
・珪素を摂るなら水溶性がおすすめ!
・高純度水晶石と水溶性有機珪素
・健康食品とは決定的に違う珪素

第2章 腸の酸化(腐敗)を止める!

・治す力、治る力の源は腸にあった!
・腸を元気にすれば全身に活力が
・あなたの腸は腐敗していないか?
・善玉菌を体外から補給しても意味がない
・腸内環境を整え免疫力を上げるには?
・善玉菌を元気にする方法はこれだ!
・水溶性珪素があなたの食習慣をカバー
・身体によい植物繊維その正体は珪素だ
・珪素の強力な抗酸化が腸の腐敗を止める
・珪素で腸を元気にし健康な生活を

第3章 原因は毛細血管の老化にある

・現代人の二人に一人はガンに冒される
・胸腺の委縮による免疫力の低下
・毛細血管の老化が病気を作り出す
・生活習慣が引き起こす恐ろしい糖尿病
・誰も知らない、血管の本当の姿
・血液と血管の異常が機能低下を
・毛細血管は傷だらけの人生
・珪素で血流を取り戻す
・血管を修復する珪素の力
・強い血管作りに必要な珪素を摂ろう
・老化や病気の原因は毛細血管の老化
・正しい習慣と珪素の活用が健康にする
・珪素で腸の免疫力を強化する
・胸腺の機能をサポートする珪素
・胸腺細胞に必要な栄養素は珪素

第4章 珪素が健康に深く関わる理由

・人体の細胞に共通するミトコンドリア
・38億年におよぶ珪素と生命のつながり
・人体の重要な器官の主成分は珪素
・重要な臓器や器官は珪素で作られるか?
・珪素の毒素や老廃物を排出する効果
・私たちは今、重金属中毒症状状態
・重金属類は日常生活で体内に入ってくる
・重金属中毒症を知らないで食べる食生活
・放射線物質を吸着させる植物繊維は珪素
・蓄積された重金属類のデトックス測定
・珪素の高い安全性が多角的に証明

第5章 水溶性珪素~体験談とQ&A

・水溶性珪素体験談
・水溶性珪素Q&A

第6章 珪素をより役立てるために!

・健康的な生活にサプリメントは欠かせない
・珪素の力を広く一般的に広めるために
・自身の体験から始まった珪素の研究
・水溶性珪素が生体に及ぼす効果

再生医療を変革する珪素の力

難病を克服する珪素の力

水溶性の珪素が内的iPS細胞を活性化し、最高の医療を実現する!4000年前から医療で使われていた珪素の力とは?
再生医療を変革する珪素の力

1)珪素がミトコンドリアを活性化する

・珪素は地球上で酸素に次いで多い元素
・珪素不足はミトコンドリアの不活を招く
・ミトコンドリアの活性化でガンを克服
・ミトコンドリアの不活は鬱病を誘発

2)珪素のデトックス(排毒)効果

・珪素は重金属を吸着し排泄する
・新型農薬ネオニコチノイド系が障害を
・うつ病や自閉症、心筋梗塞を引き起こす
・世界に広がるコーン・シロップの脅威

3)骨粗しょう症予防に珪素が不可欠

・珪素は治療の世界で大きな役割を果たす
・珪素がないとカルシウムは補給されない

4)水溶性珪素による驚異的な改善例

・大腿骨骨折が2週間で接合した
・宇宙空間で骨量低下対策に珪素が
・NASAが宇宙で使ったモンモリロナイト
・パーキンソン病の震えが2週間で止まった
・脳梗塞による半身不随が改善
・糖尿病の合併症による失明が改善
・珪素で脳神経細胞が再生
・さまざまな改善症例
・医療界に革命を起こす珪素医療の特徴
・日本珪素医療研究所の報告症例

5)夢の再生医療が始まった

・iPS細胞の臨床試験が始まる
・水溶性の珪素は内的iPS細胞を活性化する

6)内的iPS細胞を活性化すれば指が!

・挿し木で分化するのは内的iPS細胞
・癌の幹細胞は内的iPS細胞の存在を
・内的iPS細胞の存在が立証された
・細胞外マトリックスは第二永久歯を
・自然治癒力こと医療の基本

7)毛細血管を正常化すれば難病は直せる

・全身の血管の長さは実は地球2週半
・欧米の食習慣が毛細血管を詰まらせる
・欧米食で癌や血流疾患増加は明白
・血管年齢は若い年代でも深刻
・血管細胞で心筋梗塞、脳梗塞も防げる

8)水溶性の珪素で毛細血管再生

・2週間で難病パーキンソン病が改善
・珪素で毛細血管強化が改善の糸口
・水溶性の珪素による血管再生のメカニズム

9)アストラル体が幹細胞の再生と分化

・内的iPS細胞理論の再生メカニズム
・アストラル体からテラヘルツ波が
・水溶性の珪素で分化型細胞を幹細胞へ
・熱傷患者4人全員が皮膚移植なしで完治
・キルリアン写真に葉の全体像が写る

10)珪素で拓かれた再発・移転癌治療

・癌の幹細胞が再発の根源
・末期癌でも有効率63.7%
・癌死の減少に成功した米国
・抗がん剤は延命効果ではなく縮命

11)細井式カクテル療法の神髄

・諦める必要はない余命3ヶ月からが勝負
・腸内細胞叢が善玉菌優位で免疫力アップ
・低分子フコイダン癌細胞をアポトーシス
・余命1ヶ月の末期肝臓がんでも可能性が
・糖鎖が正常化すると難病全般を改善
・カクテル療法の可能性

12)カクテル療法に水溶性の珪素を

・自然免疫系と獲得免疫系を利用する
・2段階防衛システムで癌細胞が自然退縮
・珪素を補給するとリンパ球が活性化
・乾煎り玄米粥はタンパク質HSPを作る
・体温上昇でミトコンドリアが活性化

ハイパーumoDK9の画像

高濃度水溶性珪素濃縮液はコチラ




ページの先頭へ