本気で生活習慣を見直して高血圧を根本治療したいと考えているなら、生活パターンを日記に書いて客観的に自分を観察することが大切です。記録に残すことで自分の血圧の推移が把握できるだけでなく、食べた物や運動量や行動パターンなどを把握できます。

血圧が正常値に維持するために欠かせない問題点が次々と浮かび上がってきます。分っているけど改善できない!なんて言っていたら、血圧を正常値に戻すのは不可能です。本気の人は、僕の生活パターンを参考にしてください。悪い生活パターンが多いので、それを改善するためにどんなに闘っているのか分ります。1日のチェックポイントは以下の通りです。


  1. 1日の血圧変動をチェック

    1日4回から5回血圧測定をして1日の血圧の変動を把握します。特に早朝血圧と就寝前の血圧は必須です。さらに日中の血圧はどうなっているか把握することで生活習慣の改善にも役立ちます。

  2. 体重の変化をチェック

    僕の最大体重は90kgでした。身長が182cmあるのですが、医師からは70kgから73kg程度になるように指導されています。病気で1ヶ月の入院をした時に90kgから75kgまで減量できました。気を抜くとすぐにリバウンドするので日々の体重の変化をチェックし食生活に反映させます。

  3. 食生活を細かくチェック

    以前の僕は、ラーメン、パスタ、焼肉、カレー、丼ものを好んで食べていたので1日4,000キロカロリーも摂取していました。現在は体重管理と血圧管理のために2,000から2,500キロカロリーに抑えています。さらに健康に良いとされる食材を取り入れるようにしています。ここは参考になるんじゃないでしょうか?

  4. 1日の運動量をチェック

    日記を付け始める前は、ほとんど運動をしませんでした。日記を付けて運動の少なさに驚き最低でも1日に8,000歩歩きたいと思うようになりました。まだまだ運動は足りませんが、運動だけでも高血圧を改善した人は多いそうです。必ずや血圧正常値まで頑張ります。

  5. アルコールと喫煙をチェック

    タバコとお酒は血圧を高くする一つの原因です。タバコは毎日40本から60本、お酒は1週間に6日飲むという最悪の生活を続けていました。現在、辞める事を考えながら、日々の記録をつけています。

  6. 血液検査をチェック

    高血圧の薬を処方してもらうために40日1回のペースで主治医のもとへ通っています。この時、血液検査を行い、コレステロール、中性脂肪、尿酸値、ヘモグロビンa1cなどをチェックして医師のアドバイスを受けています。