高血圧に良い食べ物と飲み物一覧

高血圧に効く食べ物と飲み物♪

高血圧患者の多くは偏った食事により必要な成分を摂取できていないというデータがあります。高血圧に良いとされる食べ物や飲み物には、血圧を下げる目的以外に健康を維持して高血圧にならない体質にする成分が多く含まれています。まずは高血圧に効く食べ物と飲み物をチェックしましょう。

目次【Contents】

 1. 高血圧に良い食べ物一覧
 2. 高血圧に良い飲み物一覧
 3. 高血圧で食べてはいけない食材


あなたは塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)です。日本人に高血圧が多い原因の一つです。※ちなみに世界の平均は、1日5g!1日の塩分を6g以内に抑えた食事をお届けするサービスです。
食宅便の画像 食宅便(620円) 2位の画像 彩ダイニング(599円) 3位の画像 ウェルネス(695円)

高血圧に良い食べ物一覧

大豆ペプチドしょうゆの画像
大豆ペプチド醤油
キッコーマンから発売された血圧を下げる効果のある醤油「まめちから大豆ペプチドしょうゆ」の特徴をTV番組『サタデープラス』で紹介。期待されている効果を掲載しています。
ロウカット玄米の画像
ロウカット玄米
ロウカット玄米は、玄米の栄養を保ったまま食べやすく消化が良いという特徴を持っています。高血圧をはじめ生活習慣病の食事療法に使われる金芽ロウカット玄米についてまとめました。毎日の主食となる最も大切な栄養源なのでお試しください。
青魚の画像
青魚のサラサラ成分
いわし、サンマ、サバ、まぐろ、アジなど青魚は、高血圧に良い食べ物です。青魚には、DHAやEPAなどサラサラ成分といわれるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるからです。青魚の健康成分について調べてみました。
トマトの画像
完熟トマト製品
真っ赤に熟したトマトは豊富な栄養素がありカリウム、ビタミンC・P・H、リコピン、ルチンなど高血圧に良い成分を含んでいます。毎日1個のトマトを食べる方法から、トマトジュースやトマト酢を飲む方法などトマト製品の活用方法を紹介しています
ダークチョコレートの画像
ダークチョコレート
みんなの家庭の医学で高血圧を予防する意外な食べ物がとしてダークチョコレートが紹介された!ダークチョコレートを1日100グラム食べると15日間で最高血圧が12も下がったそうですが、なぜダークチョコレートで血圧が下がるのか徹底検証。
くるみの画像
クルミは最強食材
くるみには血液の流れを良くして高血圧や脳梗塞や心筋梗塞を予防して健康に働きかけてくれると学会でも注目されている食材です。クルミと高血圧の関係を解説しています。クルミと高血圧の関係を解説しています。


高血圧に良い飲み物一覧

えごま油の画像
えごま油
えごま油とは、しそ油とも言われるようにシソ科のエゴマ種子から抽出したオイルで、オメガ3脂肪酸のαリノレン酸を多く含んでいます。えごま油の効果的な飲み方からレシピまで紹介しています。えごま油の効果的な飲み方からレシピまで紹介しています。
お茶の画像
お茶の成分が高血圧を下げる
血圧対策のお茶が流行っていますが、緑茶カテキンの降圧作用が注目を集めています。毎日飲むお茶ですから、血圧が気なる方や、高目の方は、降圧作用のあるお茶を飲むことで自然と高血圧対策ができるのです。高血圧に良いお茶の種類と飲み方を紹介します。
亜麻仁油の画像
亜麻仁油
オメガ3脂肪酸の中でも注目の成分α-リノレン酸を豊富に含んだ亜麻仁油は、高血圧に効く健康成分です。血栓を防ぎ血流を改善する作用が話題となっていますが、亜麻仁オイルだけでなく、ドレッシングやサプリメントまで活用方法を紹介しています。
池谷敏郎先生の画像
池谷敏郎先生も飲んでいるアマニ油
血管年齢の第一人者である池谷敏郎先生が執筆した「血管を強くして突然死を防ぐ」の中で、池谷先生が朝食で飲んでいる野菜ジュースにアマニ油を入れていると紹介されていました。やはりアマニ油は効果があると確信て毎朝のように飲む習慣をつけました。

高血圧で食べてはいけない食材

食べ物や飲み物中には、血圧を上昇させてしまう成分が入ったものが結構あります。また降圧剤を服用しているケースでは、薬に含まれる降圧成分や血圧上昇抑制成分の作用を邪魔して、薬の効き目を薄めてしまうの食材があります。ここでは高血圧で食べてはいけない食べ物や飲み物を解説します。

塩分の多い食品はNG!

塩分の画像
塩分の多い食品と少ない食品
高血圧の食事療法では、塩分を1日6g以内に抑えるのが目標になります。しかし、食材から加工品、外食など塩分を多く含む食べ物がが氾濫しています。高血圧で食べてはいけない塩分の多い食品の数々をまとめました。

塩分の多い食品はNG!

炭水化物の画像
糖質と高血圧の意外な因果関係とは?
糖質と高血圧は意外な因果関係があり炭水化物の取り過ぎは、血圧を上昇させる原因となります。ご飯、麺類、パン、ニンジンなど炭水化物を含む食材は控える。血圧が上昇するメカニズムと具体的な対策方法を紹介します。

 おすすめ記事一覧

食事で血圧を下げた体験レポ!

プログラム通りに食事をするだけで、血圧が下がるレシピが満載。食事療法の専門家が、作った食事だけで高血圧を改善する方法です。いきなり食生活を改善しても血圧は下がらない理由とは?

【おすすめ度】★★★★★


超便利!高血圧の宅配食サービス

自宅でカロリー制限や塩分制限を徹底するのは大変。そんな時に助けてくれるのが、高血圧の宅配食サービスです。冷凍保存なのでチンするだけで好きな時に食べられるので、いざという時に!

【おすすめ度】★★★★☆


水溶性ケイ素で血圧が下がった!

水溶性ケイ素で血圧が下がり降圧剤を辞められたという口コミ情報が多数。そんな奇跡のミネラル【ケイ素】の効果と飲み方を紹介します。生活習慣病だけじゃなく美容や健康にもグッド!

【おすすめ度】★★★★☆


年齢別の血圧正常値とは!

血圧の正常値は年齢別や性別で基準値が定められています。小児(幼児~10代)、成人男性(20代~30代)、中壮年者(40代~60代)、前期高齢者(65歳~74歳)、女性(更年期と妊娠中)を一覧に!

【おすすめ度】★★★☆☆


アディポネクチンと高血圧

長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの分泌を増やせば高血圧を改善・予防できる。さらにアディポネクチンは傷ついた血管を修復する作用が!岡部先生のDSアディポが人気急上昇!

【おすすめ度】★★★☆☆


高血圧になりやすい人の傾向

現在、日本の高血圧人口は約4,300万人(男性2,300万人、女性2,000万人)!人口の高齢化に伴い更に増加すると推測される高血圧なりやすい人の傾向と対策についてまとめました。

【おすすめ度】★★★★★





ページの先頭へ