麺類に含まれる塩分ってどれくらい?
いろいろな麺類の塩分量を調査しました。

麺類が好きな人も多いと思いますが、麺類は塩分量が多い食品の一つです。そこで僕らが毎日食べているコンビニやスーパーのカップ麺やインスタントラーメン、そばやうどんにそうめんなど様々な麺類に書かれている栄養成分表のナトリウム量(塩分量)を調べてみました。※随時更新していますので、チェックしてね!


あなたは塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)です。日本人に高血圧が多い原因の一つです。※ちなみに世界の平均は、1日5g!1日の塩分を6g以内に抑えた食事をお届けするサービスです。
食宅便の画像 食宅便(620円) 2位の画像 彩ダイニング(599円) 3位の画像 ウェルネス(695円)
そうめん(揖保乃糸)松 塩分警報:★★★☆☆(0.55g)

そうめん(揖保乃糸)の画像

500g(10束)そうめん揖保乃糸です。これは2束100gあたりの数値ですが、100gのそうめんを茹でると300gになります。茹でたあとの塩分は100gあたり72mgなので、300gだと実施216mg(塩分0.55g)となります。ただし麺つゆの塩分は相当高いので、それも計算に入れましょう。

熱 量
332kcal
ナトリウム
2,200mg
焼きそば(ソース味) 塩分警報:★★★★★(3.8g)マルちゃん

マルちゃん焼きそばの画像

マルちゃん焼きそば(ソース味)は3袋入りでリーズナブルな価格で人気です。1食あたりのナトリウム量1500mg(塩分3.8g)は麺類の中でも高くないのですが、スープが無いので、3.8gの塩分をまともに摂取することになります。ここを頭に入れて、1日の塩分量を調整しましょう。

熱 量
281kcal
ナトリウム
1,500mg
シン辛ラーメン 塩分警報:★★★★★(4.6g)NONGSHIM

シン辛ラーメンの画像

激辛好きの僕がイチオシするのは、韓国の濃心が販売する辛(シン)ラーメン!麺量も120gとボリュームたっぷり高カロリー!麺とかやくで【1.8g】スープで【2.8g】で合計1800mgのナトリウム量(塩分4.6g)なので高血圧の人はスープを飲んじゃ駄目ですね。

熱 量
513kcal
ナトリウム
1,800mg
冷やし中華(醤油味) 塩分警報:★★★☆☆(4.8g)

冷やし中華(醤油味)の画像

コープで購入した冷やし中華ですが、味は絶品で2食入り!価格もリーズナブルなのですが、塩分が高すぎます。麺にも多少の塩分はありますが、殆どはタレに含まれています。実際にタレを全部食べるワケじゃないけど、かなりお量を食べてしまうため、僕は半分しかタレを使いません。これも減塩の知恵でしょうか?

熱 量
365kcal
ナトリウム
1,900mg
チャルメラしょうゆ 塩分警報:★★★★★(6.4g)明星

チャルメラの画像

明星チェルメラ醤油味!これは麺が97gで435kcalなのですが、塩分は【6.4g】もあります。その内訳は、麺とかやくで【塩分2.1g】スープで【塩分4.3g】です。少なめの麺もそれだけで塩分2gを超えていますので注意が必要。もちろんスープも飲めません。

熱 量
435kcal
ナトリウム
2,500mg
麺棒一番かけそば 塩分警報:★★★★★(6.8g)カトキチ

麺棒一番かけそばの画像

冷凍食品の「麺棒一番かけそば」は263kcalととってもヘルシー!ところが・・・2,700mgのナトリウム量(塩分6.8g)かけソバなので、ついつい天ぷらなどトッピングをしてしまいますが、塩分の少ないものを乗せないとヤバイ麺類です。でも美味いのは間違いありません。

熱 量
263kcal
ナトリウム
2,700mg

ヘルケアの画像
スポンサーリンク

スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)ちなみに世界の平均は、1日5g。全メニュー塩分2g以内で美味しく調理された宅配弁当で充実した減塩生活を!

1日30品目食べていますか?
食べ過ぎや偏食が高血圧の原因。体の機能を正常に保つには、必須脂肪酸・必須ミネラル・必須アミノ酸・ビタミン・炭水化物の五大栄養が必要不可欠。一粒で59種類の栄養素を摂れるサプリの活用法!




ページの先頭へ