PET検査おすすめ病院を紹介

PET検査とは

PET検査の写真

PET検査なら全身を細かくチェックできる

CTやMRIでは発見できないような小さながんをPET検査なら一度の検査で見落とすことなく発見することができます。がんの発症年齢は40代を境に増加傾向にあり、50歳を過ぎると急激に発症率がアップします。

しかし、最近では、働き盛りの30代の若い世代でもがんを発症する方が増加しつつあります。特に、35歳を過ぎたら要注意。働き盛りと言っても、20代の頃から続けてきた飲酒や喫煙などの生活習慣の影響が体に現れるようになるのが、この35歳という年齢の頃からで、免疫力も低下した状態になってきます。

35歳になったら年に一度PET検査を受診することをおすすめします。PET検査は、全身を細かくチェックできて、小さながんも見落とすことなく発見することができるので、がんの早期発見に有効な検査です。また、親族にがん発症者がいるなら遺伝ので発症する可能性もあるため、35歳と言わず早めに検査を受診しましょう。

PET検査の仕組みと受診の流れ

PET検査は、正常細胞の3~8倍ブドウ糖を吸収するがん細胞の性質を利用してがんを有無を調べる検査です。FDGというブドウ糖に似た性質がある検査薬を使用することで、がん細胞がFDGをたくさん取り込もうとするため、FDGがたくさん集まった細胞部分が、がん細胞だと見分けることができるというわけなのです。

PET検査の受診の流れですが、まず受付をして検査着に着替えたら、問診票に記入して検査の説明を受けます。説明を受けたら、採血して血糖値を測り、問題が無ければ検査薬のFDGを注射します。そして、注射が済んだら1時間ほど安静して体中に検査薬が行き渡るのを待ちます。

1時間が経過したら撮影に移りますが、FDGは尿で排出される性質があるので撮影前にトイレを済ませて膀胱を空にします。撮影は検査台に横になるだけでよく、約15~30分で全身の撮影が終了。その後、体内の検査薬の量が十分に減るまで30分休みます。最後に、撮影した画像をもとに画像診断を受けて終了です。

オプション検査の併用で高精度ながん検査できる

小さながんの発見に有効なPET検査であっても判別しにくいがんの種類もあります。その場合は、オプション検査を併用することでがん検査の精度を高めることができます。PET検査以外にも、PETとCTを組み合わせたPET-CT、MRI、超音波検査、血液検査、内視鏡検査などオプション検査があるので、自分の調べたい場所をしっかり把握した上で、条件に合致するオプション検査を選び、PET検査と併用してがん検査の精度を高めましょう。

★PET検査おすすめ病院はコチラ ⇒ |PET検査



人間ドックの用語解説

人間ドック 人間ドックは、定期的に健康状態を確認し、異常を早期発見することが目的の検査です。総合的にチェックしたい方にオススメ!
PET検査 PET検査は、CTやMRIなどで発見できない小さなガンを一度に全身くまなくをチェックできる最先端のがん検査です。
脳ドック検査 脳ドックは、CTとMRIを遣い脳梗塞、脳出血、脳卒中など脳の病気になる危険性をチェックできる脳専用の検査です。
大腸がん検査 大腸がん検査は、大腸がん、潰瘍、ポリープなどを便潜血検査、内視鏡検査、大腸3D-CT検査でチェックします。
大腸3D-CT検査 CTで撮影した大腸の画像をコンピューター処理で3D化することで立体的に大腸内を観察することができる検査です。
肺がん検査 肺がん検査は、肺のX線検査の他に痰を採取して細胞を検査する方法や肺のCT撮影などが行われる検査です。
心臓ドック検査 心臓ドックには、負荷心電図、ホルター心電図、心エコー検査、冠動脈CT・MRIなどの検査です。
胃がん検査 胃がん検査には、内視鏡検査、バリウムによる胃X線検査があります。またピロリ菌検査も追加できます。
レディースドック 人間ドックに乳がん・子宮頸がん・子宮内膜症といった女性特有の病気の検査を追加したものです。
婦人科検診 乳がん検診や子宮がん検診といった女性特有の病気を検査するのが婦人科検診です。

病院検索ナビ

東京都の病院
港区中央区新宿区渋谷区中野区文京区豊島区杉並区品川区板橋区目黒区荒川区北区葛飾区足立区台東区墨田区江戸川区千代田区世田谷区大田区八王子市立川市

千葉県の病院
千葉市柏市船橋市

埼玉県の病院
所沢市春日部市

神奈川県の病院
横浜市

大阪府の病院
吹田市大阪市中央区

宮城県の病院
仙台市


  

このページの先頭へ