高血圧ストレッチは血圧を下げる最強の運動

ドクター

忙しくて運動する時間もない方にお勧めするのが『高血圧ストレッチ』です。自宅に居ながら簡単にできるストレッチでありながら血圧を下げる効果は抜群です。 ストレッチにより滞っていた血流を即座に改善するので効果も即効性があります。毎日継続して行えば血行不良を改善して高血圧を根本的に改善することも可能です。

 スポンサーリンク

1.運動療法のメリット

高血圧の治療には運動療法は欠かせないものです。有酸素運動をすることで代謝も良くなり高血圧の原因である肥満やメタボを解消できるメリットがあります。体を使わない生活と比べても気分転換にもなりストレスを発散させるメリットもあります。

2.デメリットは時間がかかること

しかしデメリットは、相当な時間がかかることです。運動で肥満解消やメタボ解消をしても血圧を上昇させる原因を解決するまでには至りません。原因は血流の悪化ですから、ダイレクトに血流を良くする運動を取り入れれば即効で効果を実感できます。

3.血流が悪くなるもう一つの原因

血液がスムーズに流れれば高血圧は治りますが、血流が悪化する原因は、あまりにも複数あるので一概に決められません。高血圧患者が見落としがちなのが、老化や運動不足による体の衰えです。特に筋肉や関節が硬くなると血管を圧迫してしまいます。

4.血管を圧迫すると血流が悪くなる

関節や筋肉が硬い人は血管を圧迫して血流が悪くなっている可能性が高いのをご存知ですか?東洋医学のツボ押しをすると一時的に血圧が下がるのは血流が良くなったからです。つまり体の柔軟性を取り戻しただけで血圧が下がる方が多いのです。

5.運動をするなら柔軟性を取り戻すストレッチ

そこで考えられたのが高血圧専用のストレッチです。血圧を上昇させる原因となる血管を圧迫している関節や筋肉を柔らかくしダイレクトに血流を改善するストレッチ法です。実際に試すとストレッチ終了後に10mmhg~30mmhも血圧が下がるケースがあります。

6.高血圧ストレッチのメリット

ほとんどの高血圧患者さんは、関節や筋肉を柔らかくして血圧を下げるという治療法を体験したことがないと思いますが、1回5分ほどのストレッチで効果が出る人は、毎日ストレッチを続けることで2ヶ月から3ヶ月で高血圧を治療できる可能性があります。

この高血圧専用ストレッチは東洋医学のカリスマ福辻鋭記先生が作った高血圧治療法です。薬を使わない治療法を実践し人間のカラダを知り尽くした福辻先生だからこそ、血流を悪くしている関節や筋肉の場所を直接アプローチして改善できるのです。


ヘルケアの画像
スポンサーリンク

スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)ちなみに世界の平均は、1日5g。全メニュー塩分2g以内で美味しく調理された宅配弁当で充実した減塩生活を!

1日30品目食べていますか?
食べ過ぎや偏食が高血圧の原因。体の機能を正常に保つには、必須脂肪酸・必須ミネラル・必須アミノ酸・ビタミン・炭水化物の五大栄養が必要不可欠。一粒で59種類の栄養素を摂れるサプリの活用法!




ページの先頭へ