カテキンの作用で血圧を下げる

カテキンの主な働きは以下の通りです。

★強い殺菌作用や抗酸化作用がある
★血圧やコレステロール値を下げる

カテキンは、緑茶、煎茶、番茶、玄米茶、玉露、抹茶など日本茶に多く含まれている成分です。殺菌作用や抗酸化作用が認められており、細胞膜を酸化から守り動脈硬化や心筋梗塞を防ぐと言われています。また、ガン細胞の増殖を抑制したり傷ついた細胞を保護したりするので、ガンや高血圧さらには生活習慣病にもいいとされる成分です。

カテキンはコレステロールも下げる

体内には胆汁酸というコレステロールの原料になるものがあります。カテキンには胆汁酸の排泄を促進する作用があり、結果的に血中コレステロールを減らします。またLDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスを整える作用もあります。

カテキンACEを阻害して血圧を下げる

カテキンは、ACE阻害薬と同じような効果で血圧を下げます。ACE(アンジオテンシン変換酵素)には強力な血圧上昇作用がありますが、ACEが作られるのを阻害するのがカテキンの働きです。ACE阻害薬と同じような働きをしてくれますから日常生活でカテキンを摂取することで効果が期待できます。

特定保健用食品

高濃度茶カテキンは、消費者庁により「体脂肪が気になる方に」という表示が許可された特定保健用食品として販売できるものです。高濃度のカテキンを含有した各種サプリメントも販売されていますが 日本茶に多く含まれている成分ですから、毎日飲んでいるお茶をカテキンを多く含む緑茶に切り替えるというもの妙案です。

お茶を入れるときは、70度以上の温度の高いお湯を注ぐとカテキンが多くとけだすと言われています。また1杯目より2杯目の方がカテキンのとけだす量が多いので、食後に1~2杯飲むとうまくカテキンを摂取できます。


ヘルケアの画像
スポンサーリンク

スポンサーリンク


塩分の摂り過ぎ大丈夫?
日本の国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)ちなみに世界の平均は、1日5g。全メニュー塩分2g以内で美味しく調理された宅配弁当で充実した減塩生活を!

1日30品目食べていますか?
食べ過ぎや偏食が高血圧の原因。体の機能を正常に保つには、必須脂肪酸・必須ミネラル・必須アミノ酸・ビタミン・炭水化物の五大栄養が必要不可欠。一粒で59種類の栄養素を摂れるサプリの活用法!




ページの先頭へ